スポンサーリンク

相場は人間心理

わからんものに手を出すな

わからんものに手を出すな わからん時は見送れという。

わからんものはわからない

わからんものはわからない 人間、わからんものでもわかったつもりになりたい。 しかし、わからんものはわからないと、 はっきり言える人はたいしたものである。 相場を、わからんものと定義する人もいる。

悪い予感はすぐ当たる

悪い予感はすぐ当たる 悪い予感はすぐ当たる。 あるいは、よく当たるものです。 なぜだろうかわからない。

利食いドテン愚の骨頂、損切りドテンは福の神

利食いドテン愚の骨頂、損切りドテンは福の神 利食いドテン(途転)とは買い玉に利が乗って、利食いしたあと売りに回る。 売り玉に利が乗って、利食いしたあと買いに回る。 利食いしたあとは、しばらく休むのが相場の定石です。 しかし、 逆境の苦しい建て玉…

悶々(もんもん)の夜は踵(かかと)で息せよ

悶々の夜は踵で息せよ 金繰りや、身内の心配ごと、あるいは相場で、夜も眠れず、明け方、明るくなるまで寝返りばかりうつ、悶々の夜がある。 足の踵で息してみるよう心がけると、すぐに寝付いてしまう。

持たざる者は奪われる

持たざる者は奪われる 持ってる者には与えられ、持たざる者は奪われる。 お釈迦様もキリスト様も言っている。 持つとは物質でも金銭でも、地位でも、友人、情報、 あるいは人徳、健康、家族などあらゆるものにについて言える。 しかし良寛さんのように無一物…

相場する人は目や耳をよごすな

相場する人は目や耳をよごすな 目や耳をよごすなということは、 悪い話を聞く、人の困った話を聞いたり、悪い現象、 例えばテレビニュースの人殺しや火災、高速道路の交通事故などを目に入れないこと。 それ相応のものが映ってくる。

無理した咎めは大きい

無理した咎(とが)めは大きい 相場に限らず、人生何事にも言えるわけで、 一時的には無理が通れば道理が引っ込むが、 引っ込んだ道理がまた出てくる。

むやみに、はしゃぐなかれ

むやみに、はしゃぐなかれ 子供が夕方、はしゃぐと明日は雨である。 本能的に子供は、明日は雨だから野外で遊べないということを感じているのだろう。 相場がうまくいって利が乗ってくると前祝いなどといって、 はしゃぐ人がいるが、 喜びすぎると悪魔が忍び…

むさぼれば勝ちを得ず

むさぼれば勝ちを得ず 囲碁の方の格言です。 アマチュアで碁を打つ人は、高段者は別として勝ち負けよりも、むさぼることの楽しさにおぼれる。 しかし、相場世界では、お金のやりとりだから、そんなことは言っておれない。 「執拗は益を受くることなし」 とい…

無常迅速コロコロ落ちる

無常迅速コロコロ落ちる 無常とは定まりがないこと。 迅速は歳月人を待たず。 相場の世界は勝者が次々と出てきた、コロコロと落ちて消えていく。 そういう世界だと割りきると、案外すがすがしい。

水瓶から火柱が立つ

水瓶から火柱が立つ 水瓶から火柱が立つというような相場がある。 万人総弱気の相場が急騰する時に、その驚きをこのように表現した。 (逆の現象) 「蚊が止まっても崩れる」

水に落ちた犬は叩け

水に落ちた犬は叩け 水からはい上がろうと必死であるから噛みつくことも忘れる。 世の中の仕組みはは強きになびいて、弱きをくじく。 相場の世界も、下げ相場の買い方、上げ相場の売り方は、水に落ちた犬である。 だから、水に落ちたら叩かれると思っていな…

曲がりだしたら止まらない

曲がりだしたら止まらない 『当たり屋につくより、曲がり屋に向かえ』 という格言がある。 万年曲がり通しという人もいるが、必ず原因がある。 相場の張り方が悪い。 感情の持ち方が良くない。 よほど自覚して改善しない限り、曲がりの病気は治らないもので…

満玉張るべからず

満玉張るべからず 資金全部の建て玉は、 「早く儲けよう、大きく儲けよう」 という欲である。 ちょっとした相場のアヤで建て玉はふっ飛んでしまう。 これは危険である。

敗けた時の負け方

敗けた時の負け方 勝負事でも、相場でも、勝った時より負けた時にその人の本当の姿が表れる。 正岡正篤先生の「六然」 「自処超然(じしょちょうぜん)」 自ら処すること超然(ちょうぜん) 「処人靄然(しょじんあいぜん)」 人に処すること藹然(あいぜん) 「…

マーケットは理論で動かない

マーケットは理論で動かない 頭で相場をわかろうとする人は、マーケットの理論を解明しようとする。 確かにマーケットに理論はあるが、それで相場がわかるものではない。 動きについて何か理由をつけて納得したいという人には必要であろうが、 マーケットは…

百年、兵を養う

百年、兵を養う 百年、兵を養うのは一朝有事に備えてである。 一年に一回の大相場を取ればいい。 三年に一度の大相場を勝ちきればよい。 という哲学を身につけると、 毎日の一定時間の、相場の勉強、研究も生産性、採算性というものを感じてくる。 そして気…

腹立ち商いするべからず

腹立ち商いするべからず 腹を立てながら相場をする人を見かける。 感情のあり方が異常な時の判断は、たいがい間違っている。 場が好調で儲かっている時は、腹を立ててみよといわれてもニコニコしている。 腹の立つような状況下の相場からは一刻も早く離脱し…

パニックの理論

パニックの理論 相場をしていて進もならず、退くのならず、立ち止まることもできないという窮地に立つことが、ままある。 その時の心理状態は目の前が真っ暗になり、対処の仕方は、えてして群衆心理にまき込まれやすい。 パニック時における群衆の行為や思考…

敗者の美学、勝者の醜学

敗者の美学、勝者の醜学 老子は「戦い勝ちては、喪礼を以ってこれに処す」と、 『戦争に勝った側はこれを喜ぶよりは、敗者に対して葬儀に臨んだ人のように悲しみをもって処すべきだ』 と勝者の心がけを説いている。 また、『怨みに報いるに徳を以ってす』と…

逃げる時は迷うな

逃げる時は迷うな 家康は「三軍の災い、狐疑より生ず」と言った。 兵法書の六韜(りくとう)、三略、尉繚子(うるりょうし)の精神は、 「戦い利あらざれば、逃げて逃げまくれ」である。 会社経営でも、相場でも、無理して無理したあげく、刀折れ矢尽きるこ…

人間は歴史から何物も学ばない

人間は歴史から何物も学ばない これは戦史などを読んでいるとよくわかる。 人間は、それほど愚かなのか。 そうではない。 自分だけは違うという思いがある。 人がやっているからという雷同性がある。 人間は、実に弱ものであるということを自覚しない。 した…

人間は変わらない

人間は変わらない 人間の歴史は三千年、四千年経っても欲望はは変わらない。 相場界も古今東西、相場する人の一番陥りやすいことに変わりがない。 サイズを大きくしすぎる。 利食いが早い。 損切りができない。 機が熟すのを待てない。 調子が良いと傲慢にな…

忍耐の忍を感じない境

忍耐の忍を感じない境 忍耐ということを意識しているうちは忍ではない。 そもそも忍耐とは何か。 感情のまま動かない意思である。 忍の一字という場合、責め続けるのでなく、 守りを固めて時を待つ。 相場に限らず、勝負の世界は、何がなんでも勝たねばなら…

認識は、いつも力に奉仕する

認識は、いつも力に奉仕する 世に中には正しい認識とか、より不完全な認識というものはない。 あるのはより優勢な認識と、より劣勢な認識である。 まして相場の世界は「勝者が正義」であるから、 認識はいつも力に奉仕すると考えることができる。

人間心理の売買

人間心理の売買 先物相場は物の売買でない。 心理というものは目に見えないが、心理には行動がつきまとう。 相場の勉強に心理学を研究する人もいるが、頭でわかっていても、 売買実戦で、勉強したものが果たしてどれだけ役に立つか。 やはり、何回も死線を超…

二度と行くまいとて三度行く

二度と行くまいとて三度行く 相場で損をしている時は、もう二度と、あの証券会社には行かないと言っていて、相場が騰がりだしたら、自分が言ったことを忘れてしまう。 京都の宮津節に 「二度と行くまい丹後の宮津、縞の財布が空になる」 縞の財布が思いの種…

時の勢いが後の祭り

時の勢いが後の祭り あの時に、こうすればよかったということは多い。 しかし、その時は、時の勢いに乗っているから、見極めがつかない。 「時の勢いには乗るべし」。 孫子兵法はこの勢いについて多くのことを記している。 しかし、 「勢い出し尽くすべから…

トータルで勝つ

トータルで勝つ ツキのない時に無理をすると元ガネも失うし、 次に来るツキが遠のくことを知っている。 不運の時は、 あっさり引き下がり、 ツキが来た時は大きく取り切る。 これをトータルで勝つという。 相場は九勝一敗で再起不能にもなれば、 一勝九敗で…

時は陰陽消長の理

時は陰陽消長の理 時は運命である。 時移り、世変わる。 時の変を察す。 時を待ちて動く。 荘子は 「時を失うは賢に非ざるなり」 とタイミングを失うことをいましめた。 相場の時は、仕掛けの時、相場から離れる時。 上昇の時、天井圏での高なぐれの時、下げ…

デタラメさと情報

デタラメさと情報 情報が多いということを有利と考える社会であるが、 情報には価値の生命期限があって、 すぐに死んでしまうものと、 あとから花を咲かすものなど、 質と量、 時点における価値観など、 受け取る側の判断の仕方次第である。 しかし、情報が…

天狗になったらしまい

天狗になったらしまい 「驕(おご)り商い皆向かえ」 という相場金言がある。 相場界で一番怖いのは、税務署ではなく慢心である。 お鼻が高くなると足元が見えない。 どれだけ多くの天狗さんの転落を見てきたことか。 大地を叩く槌(つち)は、はずれようと…

ツキの悪い人を敬遠する

ツキの悪い人を敬遠する 「友を選ばば書を読みて、六分の侠気、四分の熱」 というが、 ツキのない人は、見ていて必ずそれだけのことを自ら招いている。 そのことがわかれば、敬して遠ざかるのが災難を除ける方策である。

ツキがあるかないか

ツキがあるかないか やること、なすことうまくいかないという場合がある。 健康が思わしくないということもある。 良寛さんは 「病むときは、病むがよく候」 達観していた。 人の一生には有卦、無卦の周期が誰にでもある。 ツキが離れている時の日常の心がけ…

ツキは呼ぶことができる

ツキは呼ぶことができる 不運は自分で招くことが多いように、好運も呼び寄せることは可能である。 ツキから離れる一番のやり方は、人の悪口をさんざん言いまくればよい。 家の中がいつもゴタゴタすればよい。 不平不満を山ほど持てばよい。 ツキをその反対を…

弔辞の裏に歓声あり

弔辞の裏に歓声あり 「弔辞の裏に歓声あり、賀辞の裏に憂いあり」 まさか人様のご不幸に「やったあ」とは言わないが、競争の激しい官僚の組織社会で、課長、局長のスキャンダルは下のものをして、内心どれだけ万歳を叫んでいるか。 相場で大勝利して豪邸を新…

足るを知る者は富めり

足るを知る者は富めり 老子の言葉です。 相場でも満足と感謝を知らないと破産するもので、 菜根譚にも 「足るを知る者は仙境にして、 足るを知らざる者は凡境なり」。 相場は欲の世界だから、儲かれば儲かるほど儲けたくなる。 儲けるには、自分の器(うつわ…

耐えて勝つ

耐えて勝つ プロの将棋や囲碁で天下を取る人は、 耐える時には、じっと耐える業(わざ)を身に着けている。 誰もが、じっとしておれない時に、同調して走らないのも耐える業である。 耐えるということは、物事の道理がわかり、先を読む力量があるかないか。 …

誰もがじっとしておれない時の危険

誰もがじっとしておれない時の危険 現代は危険度90%、安全度10%の社会である。 軽々しく動くわけにはいかない。 誰もが、じっとしておれなくなる時が多い。 ひとりでじっとしているのは非常に難しく、また、つらいものであるが、そ行く先を冷静に考えれば…

訴訟はでき得れば避けよ

訴訟はでき得れば避けよ 相場を張っていて、 身内に不幸があるとか、 家の中がごたごたしている、 あるいは心配事がある、 病院通いしているような時は、 できたら相場をしないか、浅く軽くする程度で、大きな勝負は避けなければならない。 まして訴訟事、争…

相場師の晩年は暗夜行路

相場師の晩年は暗夜行路 明治、大正、戦前、戦後昭和の相場界で盛運時は、 飛ぶ鳥も落とす勢いの市場の王様も、その晩年は、なぜか悲劇的である。 このことは 「勢い出し尽くすべからず」 でもあるし、歳相応の相場の張り方というものがあるということでもあ…

相場に聞くより運勢を見よ

相場に聞くより運勢を見よ だれ彼に相場の強弱を聞きたがる人がいる。 この場合、その人がツイているか、曲がっているか確かめるべきだ。 あるいは、自分の運勢が有卦か、無卦の周期か知るべきである。

相場は儲かるもの

相場は儲かるもの 相場で儲からないのは、やり方が間違っているからである。 シカゴ相場語録の「ラソール街」で 『相場の予測判断は誰でも、しばしば間違えるものである。 しかし、成功する投資家は、速やかにそのポジションから離れる。』 とあるように、小…

相場は見えてくるもの

相場は見えてくるもの 相場を追っている時は相場の心がわからない。 相場の古金言に 「待は仁」 というのがある。 待のは、ゆとりである。 「無欲に徹すれば相場は見えてくる」 というが、無欲では相場を張らない。 相場が見えてくるというのは、相場力が身…

相場は気の世界

相場は気の世界 人間、その日によって、気が乗ったり、気が沈んだり、気の晴々する日もあれば、気が滅入ったりする日もある。 強気になったり、弱気になったり、市場の人気の吹く風は、さまざまな色彩である。 「相場は人気の花」 にも例えられる。 孫子兵法…

相場は煩悩の渦

相場は煩悩の渦 誰もが儲けようと思って相場するわけだが、 儲けようというのは欲望である。 欲望の渦巻く中で 取った、 取られた、 勝った、 負けたの感情の日々は、 迷界における妄念の渦に飲み込まれているようなもの。

相場の苦は身につかない

相場の苦は身につかない 「相場に卒業なし」 という言葉がある。 どのような職業でも十年、二十年と続ければ、それ相当のベテランになれるが、 この相場に限って五十年、六十年の経験者でも、油断すると大失敗をする。 相場の苦しい時や失敗の原因を、きちん…

相場は驚きの持続性と、驚きの質である

相場は驚きの持続性と、驚きの質である 相場は、何かを期待した時と、期待がはずれた時に大きく動く。 人間は驚きたいという欲望がある。 スポーツに熱狂するのも、テレビのスキャンダル暴露番組に関心を持つのも、興味という驚きと興奮を得るためである。 …

相場師の座禅は欲

相場師の座禅は欲 相場師は迷いを吹っ切るために座禅をするが、なんの効果もないものと知るべきか。 「相場に悟りなし」である。 相場界は百八煩悩の修羅場である。 勝った、負けたの戦いである。 しかしそれは、次元というそれぞれの層の中でのもがきであり…