スポンサーリンク

大きく考えて、小さく動け

大きく考えて、小さく動け 相場の仕方である。 相場のスケールの読みがどんなに大きくても、 初めは小さく仕掛けていくべきだ。

燕雀いずくんぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らんや

燕雀いずくんぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らんや 春秋戦国(十八史略)に出てくる有名な言葉です。 小人に大人物のわかるかという意味です。 小さい玉を張っている人に、 スケールの大きな資金で相場に取り組んでいる人の考えや狙いはわからない。

売るべし、買うべし、休むべし

売るべし、買うべし、休むべし 有名な金言です。 これをつくった船場(三品相場)の田附将軍といわれた田附政治郎氏に近い人が、 あなたは休むべしの金言をつくっておいて、ちっとも相場を休まないではないかと言うと田附氏は、「それができたらもっと大をな…

インフレの大周期

インフレの大周期 九星と十二支の組み合わせで三十六年の周期。 中でも寅年の五黄から、午年の一白にかけて猛烈なインフレが襲う。 次は平成三十四年から三十八年になるからゴールドを買っておくのも良い。

一匹狂えば千匹狂う・一犬虚に吠え、万犬実に吠ゆ

一匹狂えば千匹狂う。 一犬虚に吠え、万犬実に吠ゆ 西部劇映画に出てくる牛の暴走など。 一匹の犬が虚に吠えると、多くの犬が、まるで実に吠えるかのように、 相場社会は妄動しやすく、群集心理で行動する。

煎れたらしまい、投げたらしまい

煎れたらしまい、投げたらしまい 騰げ相場を売っていて、資力、気力が続かず踏み上げ(煎れ)ると、 さしもの上昇相場も反転する。 下げ相場に買いのポジションで頑張っているうちは、なかなか下げ止まらないが、 買い玉を投げてしまうと、それが底となりや…

一栄一落、舞台は回り持ち

一栄一落、舞台は回り持ち 勝つ人あれば負ける人あり。 相場の世界は、取ったり取られたり。 一栄も一落も人生という短い舞台の上での役回りと思えばよい。

一寸先は闇

一寸先は闇 政治の世界は一寸先は闇といわれるが、 まして相場の世界は・・・

意地の一徹張りは負け犬

意地の一徹張りは負け犬 「相場張らずに意地を張るな」 などと言われるが、 人間、負けが込んでくるとどうしても、サラリとできない。 一徹張りとは、端から見ていて、ほどほどにしたらよいと思うが、 本人は、これぞ信念と思い込んでいる。

陰陽は循環す

陰陽は循環す 自然はすべて陰と陽から成り立っている。 荀子は「遇と不遇とは時なり」と言った。 好い時も、悪い時も循環している。 相場の上昇も、下落も長い目で見れば陰陽の循環である。

アドバイスは、実行されない

アドバイスは、実行されない よく、苦しい相場の相談を受けるが、 親切にアドバイスしても、それは実行しない。 「溺れる者は藁(わら)をもつかむ」といって、 少しでも楽な解決法がないものかと相談するわけだが、 相談する時は、たいがい手遅れで、 対策…

頭と尻尾は人にくれてやれ

頭と尻尾は人にくれてやれ 相場の安値から天井まで、天井から大底までは、取れるものでない。 おいしいところだけ食べればよい。 それがまた、無難である。 欲もほどほどにということ。 足るを知るという。

わからんものに手を出すな

わからんものに手を出すな わからん時は見送れという。

わからんものはわからない

わからんものはわからない 人間、わからんものでもわかったつもりになりたい。 しかし、わからんものはわからないと、 はっきり言える人はたいしたものである。 相場を、わからんものと定義する人もいる。

悪い予感はすぐ当たる

悪い予感はすぐ当たる 悪い予感はすぐ当たる。 あるいは、よく当たるものです。 なぜだろうかわからない。

利食いドテン愚の骨頂、損切りドテンは福の神

利食いドテン愚の骨頂、損切りドテンは福の神 利食いドテン(途転)とは買い玉に利が乗って、利食いしたあと売りに回る。 売り玉に利が乗って、利食いしたあと買いに回る。 利食いしたあとは、しばらく休むのが相場の定石です。 しかし、 逆境の苦しい建て玉…

悶々(もんもん)の夜は踵(かかと)で息せよ

悶々の夜は踵で息せよ 金繰りや、身内の心配ごと、あるいは相場で、夜も眠れず、明け方、明るくなるまで寝返りばかりうつ、悶々の夜がある。 足の踵で息してみるよう心がけると、すぐに寝付いてしまう。

持たざる者は奪われる

持たざる者は奪われる 持ってる者には与えられ、持たざる者は奪われる。 お釈迦様もキリスト様も言っている。 持つとは物質でも金銭でも、地位でも、友人、情報、 あるいは人徳、健康、家族などあらゆるものにについて言える。 しかし良寛さんのように無一物…

相場する人は目や耳をよごすな

相場する人は目や耳をよごすな 目や耳をよごすなということは、 悪い話を聞く、人の困った話を聞いたり、悪い現象、 例えばテレビニュースの人殺しや火災、高速道路の交通事故などを目に入れないこと。 それ相応のものが映ってくる。

無理した咎めは大きい

無理した咎(とが)めは大きい 相場に限らず、人生何事にも言えるわけで、 一時的には無理が通れば道理が引っ込むが、 引っ込んだ道理がまた出てくる。

むやみに、はしゃぐなかれ

むやみに、はしゃぐなかれ 子供が夕方、はしゃぐと明日は雨である。 本能的に子供は、明日は雨だから野外で遊べないということを感じているのだろう。 相場がうまくいって利が乗ってくると前祝いなどといって、 はしゃぐ人がいるが、 喜びすぎると悪魔が忍び…

むさぼれば勝ちを得ず

むさぼれば勝ちを得ず 囲碁の方の格言です。 アマチュアで碁を打つ人は、高段者は別として勝ち負けよりも、むさぼることの楽しさにおぼれる。 しかし、相場世界では、お金のやりとりだから、そんなことは言っておれない。 「執拗は益を受くることなし」 とい…

無常迅速コロコロ落ちる

無常迅速コロコロ落ちる 無常とは定まりがないこと。 迅速は歳月人を待たず。 相場の世界は勝者が次々と出てきた、コロコロと落ちて消えていく。 そういう世界だと割りきると、案外すがすがしい。

水瓶から火柱が立つ

水瓶から火柱が立つ 水瓶から火柱が立つというような相場がある。 万人総弱気の相場が急騰する時に、その驚きをこのように表現した。 (逆の現象) 「蚊が止まっても崩れる」

水に落ちた犬は叩け

水に落ちた犬は叩け 水からはい上がろうと必死であるから噛みつくことも忘れる。 世の中の仕組みはは強きになびいて、弱きをくじく。 相場の世界も、下げ相場の買い方、上げ相場の売り方は、水に落ちた犬である。 だから、水に落ちたら叩かれると思っていな…

曲がりだしたら止まらない

曲がりだしたら止まらない 『当たり屋につくより、曲がり屋に向かえ』 という格言がある。 万年曲がり通しという人もいるが、必ず原因がある。 相場の張り方が悪い。 感情の持ち方が良くない。 よほど自覚して改善しない限り、曲がりの病気は治らないもので…

満玉張るべからず

満玉張るべからず 資金全部の建て玉は、 「早く儲けよう、大きく儲けよう」 という欲である。 ちょっとした相場のアヤで建て玉はふっ飛んでしまう。 これは危険である。

敗けた時の負け方

敗けた時の負け方 勝負事でも、相場でも、勝った時より負けた時にその人の本当の姿が表れる。 正岡正篤先生の「六然」 「自処超然(じしょちょうぜん)」 自ら処すること超然(ちょうぜん) 「処人靄然(しょじんあいぜん)」 人に処すること藹然(あいぜん) 「…

マーケットは理論で動かない

マーケットは理論で動かない 頭で相場をわかろうとする人は、マーケットの理論を解明しようとする。 確かにマーケットに理論はあるが、それで相場がわかるものではない。 動きについて何か理由をつけて納得したいという人には必要であろうが、 マーケットは…

百年、兵を養う

百年、兵を養う 百年、兵を養うのは一朝有事に備えてである。 一年に一回の大相場を取ればいい。 三年に一度の大相場を勝ちきればよい。 という哲学を身につけると、 毎日の一定時間の、相場の勉強、研究も生産性、採算性というものを感じてくる。 そして気…