スポンサーリンク

角度と時間が相場

角度と時間が相場

 

アストロロジー(占星術)で相場を予測する時代である。

 

アストロでは、惑星同士の角度が重視される。

 

相場のチヤート(罫線)は縦軸の価格と横軸の時間によってトレンドが生まれる。

 

アメリカの天才相場師といわれたW・D・ギャンは、

「相場は時間なり」

と喝破した。

 

「時間はその時の存在の質を表す」

存在の質とは、仮に自分の生きている時間における内容の変化とすると、

利益・損失・栄枯・盛衰-----そして喜怒哀楽すべてだ。

 

相場を、このように考えると、究極は角度(トレンド)と時間ということになる。

 

 

(注釈)罫線

相場の動きをグラフにしたもの。

英語ではチヤート。

始値、終値を示した「ロウソク足」、値幅ごとにつけつ「値幅足」などいろいろある。

期間別には、「日足線」「週間足線」「月間足線」がよく使われる。

 

(注釈)W・D・ギャン

アメリカの天才相場師、1878年テキサス州ラフキンに生まれる。

1902年、初めて綿花の先物取引を行う。

1929年の大恐慌を予言、ギャンチャートにより巨万の富を相場によって築く。