読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

賢い人ほど騙されたがる

賢い人ほど騙されたがる

 

賢い人ほど騙されたがる。

 

世の中には人をだます人間はたくさんいるが、その一方で騙されたがっている人間は、それ以上に多いと、マキアヴェッリは言う。

 

相場は人間に催眠術のかけ方を知っていて、ウォール街の金言に

「天井近くに騰ってくると眠らされ、めがさめてきがつくと株価は底値になっている」。

 

人間は本能的に「それはおかしい」と思っても、多数の人が行動すると、それらになびいてしまう。

自分が賢いと思っている人ほどその死角が大きい。

 

韓非子は、

「愚も愚を守れば愚ならず」

と言った。

 

人生の成功法は

「運・鈍・根」

と言って、これを相場にあてはめて金言にしたりするが、愚を守る人間は決して騙されないものである。

 

それは欲がないということによるのかもしれない。

無欲の強みとも言える。

 

 

(注釈)マキアヴェッリ

代表的著書は「君主論」。

15世紀後半イタリア中部のフィレンツェで生まれ、フィレンツェ共和国の外交官として活躍した。

目的のためには手段を選ばない権謀術数的考え方でもある。