スポンサーリンク

現象は知らせである

現象は知らせである

人間の予知能力は文明の進化とともに退化しているが、物事の現象は、何かを人間に知らせているわけで、「第六感」とか、「虫の知らせ」などとよく言った。

 

現象の側から言うと知らせようという意識はないが、受け取る側の人間は、それが凶事か吉兆かの判断は自由である。

 

特異な才能を持った相場師は、大相場の予兆や、大暴落の前触れを人より速く感じ取ることができる。

 

万人に平等に発信される「物事の現象」は、

それを「感じ取り行動した人」と、「感じ取れない人」で勝敗が決まる。

 

物事の現象を捉えるアンテナが重要である。