スポンサーリンク

十年はすぐ過ぎる

十年はすぐ過ぎる

 

バブル崩壊後の十年を「失われた十年」という。

 

十年ひと昔であったが、時間の流れが特に早いのは、三年ひと昔の感である。

 

しかし、うかうか人生を過ごしていると、十年などは、まさしく

「白駒の隙を過ぐるが如し」

で、あっという間に過ぎてしまう。

 

世の中の移り変わりを十年単位でみていく。

 

罫線に月棒年棒というものがある

 

それは相場の歴史である。

 

歴史は繰り返される。

 

相場で、一年に一度大きな波動を見つけて乗り切る。

 

「三年鳴かず飛ばず。しかし飛ばば必ず天にいたらん」

 

十年兵を養うという言葉がある。

 

一朝有事に備える。

 

 

(注釈)白駒の隙(げき)を過ぐる

十八史略の中に宗の太祖の言葉として、人生とは白い馬が走りすぎるのを隙間からチラと見たように、アッというまだ。

 

(注釈)三年鳴かず飛ばず

春秋戦国で楚の荘王は位について三年何もしなかった。

臣下が問うと、三年も鳴かないのは、いざ鳴けば人を驚かすほど鳴くためだ。

三年飛ばないのは、いざ飛べば天をも衝くほど飛ぶためだ。