スポンサーリンク

捨て方で人間がわかる

捨て方で人間がわかる

 

ごみの捨て方でその家のすべてがわかる。

 

人間の捨て方が企業のリストラである。

 

その捨て方を見ていると、その企業の経営者の人間性がわかる。

 

女の捨て方でその男がわかる。

 

友人の捨てからでもよい。

 

病院に行くと小便、大便を検査する。

 

捨てるものから、体の中がわかる。

 

相場は悪い玉から離脱する。

 

損切りはお金の捨て方である。

 

小さく、何回も捨てて大きな波に乗り切るのが必勝法だ。

 

損切りができないのが人間の心情である。

 

そのくせ、利が乗ってくると、いそいそと利食いしてしまう。

 

「利は伸ばせ」ができない。

 

建て玉に利が乗ると苦になる。

 

そのくせ逆境の苦痛には耐える。

 

ここのところが感情と勘定のジレンマである。

 

成功する相場師は、損切りを、お金を捨てると思っていない。

 

市場に預けておくという考えである。

 

相場力をつけ、相場術を磨けば、いつでも預けてあるお金を取り戻せる。

 

この考え方は頭でわかっていても、実行しにくい。