スポンサーリンク

戦力の逐次投入は下策なり

戦力の逐次投入は下策なり

 

「戦力の逐次投入は下策なり、逐次消耗を来たすが故なり」。

 

戦略用語である。

 

あえて説明の必要はないおと思うが、相場は、

「一度に仕掛けるな」

ということもある。

 

この場合、戦力の逐次投入は、敗け戦の場合と思えばよい。

 

資金の出し惜しみ。

 

「一文惜しみの百失い」

に通じる。

 

太平洋戦争史で、ガダルカナル島の日本軍の戦術が、よく例に出される。