スポンサーリンク

相場は見えてくるもの

相場は見えてくるもの

 

相場を追っている時は相場の心がわからない。

 

相場の古金言に

「待は仁」

というのがある。

 

待のは、ゆとりである。

 

「無欲に徹すれば相場は見えてくる」

というが、無欲では相場を張らない。

 

相場が見えてくるというのは、相場力が身について、遠くから相場の呼吸を計っていると、相場がわかるということである。