読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

相場師の晩年は暗夜行路

相場は人間心理

相場師の晩年は暗夜行路

 

明治、大正、戦前、戦後昭和の相場界で盛運時は、

飛ぶ鳥も落とす勢いの市場の王様も、その晩年は、なぜか悲劇的である。

 

このことは

「勢い出し尽くすべからず」

でもあるし、歳相応の相場の張り方というものがあるということでもある。

 

盛運期の成功した時のことを思って、夢よもう一度と無理をするから

「黄鶴ひとたび去ってまた帰らず」

となる。

 

晩年を無事に過ごすには

「吾れ唯、足るを知る」

である。

 

感謝の心を持ち続けることである。