スポンサーリンク

ツキがあるかないか

ツキがあるかないか

 

やること、なすことうまくいかないという場合がある。

 

健康が思わしくないということもある。

 

良寛さんは

「病むときは、病むがよく候」

達観していた。

 

人の一生には有卦、無卦の周期が誰にでもある。

 

ツキが離れている時の日常の心がけは前項のようにツキを呼ぶことを一心に心がければ、いつの間にか悪い状態から離れているものである。

 

不思議、不思議、また不思議ということは、この世にあるわけで、感情の持ち方次第です。