スポンサーリンク

デタラメさと情報

デタラメさと情報

 

情報が多いということを有利と考える社会であるが、

情報には価値の生命期限があって、

すぐに死んでしまうものと、

あとから花を咲かすものなど、

質と量、

時点における価値観など、

受け取る側の判断の仕方次第である。

 

しかし、情報が多いということは、デタラメさが多いと考えるのが相場社会である。

 

「早耳の早倒れ」

ともいう。