スポンサーリンク

利食いドテン愚の骨頂、損切りドテンは福の神

利食いドテン愚の骨頂、損切りドテンは福の神

 

利食いドテン(途転)とは買い玉に利が乗って、利食いしたあと売りに回る。

売り玉に利が乗って、利食いしたあと買いに回る。

 

利食いしたあとは、しばらく休むのが相場の定石です。

 

しかし、

逆境の苦しい建て玉を損切りして、

相場の流れについていく損切りドテンは利を呼ぶ福の神であると言う。