読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

罫線は相場の鏡

相場とは

罫線は相場の鏡

 

素直に、このように思っている人に救いがある。

 

明鏡止水。

 

邪念がなく、

静かに澄んだ心で線を見れば、

線は語りかけてくる。

 

 

 1月23日後場の日経平均株価は前週末比246円88銭安の1万8891円03銭と4営業日ぶりに大幅反落。

1万9000円割れは18日(1万8894円37銭)以来3営業日ぶり。

後場寄り付きは売り物がちに弱含んで始まったが、下値は堅く前場終値1万8934円57銭(前週末比203円34銭安)近辺でしばらく小幅もみ合いが続いた。

その後は、日銀のETF(上場投資信託)買い期待を支えに徐々に下げ幅を縮小。

一時はこの日の高値となる1万9024円21銭(前週末比113円70銭安)まで持ち直す場面があった。

買い一巡後は、日経平均採用銘柄の銘柄入れ替えに伴う需給要因もあって、引けにかけて再度軟化した。