読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

三猿主義

三猿主義

 

見ざる、聞かざる、言わざる。

 

相場を見ない。

 

罫線を見ない。

 

新聞を見ない。

 

人の話を聞かない。

 

自分も相場を語らない。

 

まるで剣の達人・塚原ト伝である。

 

しかし、そうはいかない。

 

股間を押さえて木彫りの四匹の猿もある。

 

せざる。

 

そこまで行ったら相場がよく見えるかもしれない。

 

 

 日経平均は大幅続伸。

25日の米国市場でNYダウは155ドル高となり、史上初めて2万ドルを突破した。

引き続き主要企業決算が好感され、新政権への期待も株価を押し上げた。

為替相場は1ドル=113円台前半と前日よりやや円高方向に振れていたが、本日の日経平均は欧米株高の流れを受けて203円高からスタートした。

寄り付き後もじりじりと上げ幅を広げる展開となり、本日の高値圏で取引を終えた。

終値としては1月13日以来、約2週間ぶりに25日移動平均線を上回った。

大引けの日経平均は前日比344.89円高の19402.39円となった。

東証1部の売買高は23億0000万株、売買代金は2兆7423億円だった。

業種別では、証券、保険業、銀行業といった金融株の上昇が目立った。

一方、下落したのは鉱業のみで、3%近く下げた。

(2017年1月26日、ニュースより)