スポンサーリンク

三山、三川、三空、三兵、三法

三山、三川、三空、三兵、三法

 

本間宗久酒田秘線の基本。

 

日足線が高値で三尊型・ダブルトップ、

安値でダブルボトム、

足取りのギャップ、

日足(高値・安値での)三本、

そして、

売り・買い・休むの三法。

 

 

日経平均は3日ぶり反発。31日の欧米株安の流れに加え、トランプ米大統領による円安誘導批判を受けて円相場が一時1ドル=112円台まで上昇したことから、日経平均は114円安でスタートした。

ただ、その後円相場は1ドル=113円台を回復し、円高一服とともに日経平均は前場に前日終値水準まで戻した。

引き続き米政権運営の先行き不透明感が意識されているものの、下値の堅さから後場の日経平均は一段高となった。決算を手掛かりとした物色も活発だった。

大引けの日経平均は前日比106.74円高の19148.08円となった。東証1部の売買高は20億3217万株、売買代金は2兆5281億円だった。

業種別では、鉄鋼、証券、電気・ガス業が上昇率上位だった。

一方、その他製品、銀行業、不動産業など5業種が下落した。

(2017年2月1日、ニュースより)