読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

相場はやり方である

相場はやり方である

 

相場は儲かるものである。

 

それはやり方である。

 

そのやり方を身につけるため万人、

苦労している。

 

 日経平均は続伸。

20日の米国市場は「プレジデンツ・デー」の祝日で休場となり、手掛かり材料に乏しいなかで日経平均は16円高からスタートした。

その後為替相場が一時1ドル=113.70円台まで円安方向に振れ、日経平均は断続的に上げ幅を広げる展開となった。

後場に入ると一段高となり、一時19395.35円(前日比144.27円高)まで上昇する場面があった。

ただ、22日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録などを見極めたいとの思惑から、前日に続き積極的な売買は手控えられた。 

 大引けの日経平均は前日比130.36円高の19381.44円となった。

東証1部の売買高は15億2843万株、売買代金は1兆6540億円だった。

売買代金は連日で今年最低となった。

業種別では、パルプ・紙が3%を超える上昇となったほか、保険業、繊維製品が上昇率上位だった。

一方、情報・通信業、水産・農林業の2業種のみ小幅に下落した。 

 

引用:日経平均は続伸、円高一服で堅調も商い閑散、ファーストリテ4日ぶり反発/相場概況(フィスコ) - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス