スポンサーリンク

怒りの心を絶つべし、そしりの言葉を出すべからず

怒りの心を絶つべし、

そしりの言葉を出すべからず。

 

相場をするうえで、

喜怒哀楽は、できるだけ、

あらわにしないよう心がける。

 

これは平常の生活態度が知らず知らずに出てくるから、

相場で成功したいと思う人は日常の感情の持ち方を、

よくよく考えなければならない。

 

見ていて日常、

不平不満の多い人は概して相場で成功していない。

 

また人をそしったり、呪ったりする人は自らの状況を悪くしている。

 

このことは、

関心を持って見ていると、

たいがい当てはまるから、

相場に限らず、恐ろしいことだと思う。