スポンサーリンク

陰きわまれば陽転ず

陰きわまれば陽転ず

 

相場に限らず、

物事の道理である。

 

相場も長期間下げ続けると市場人気は非常に暗くなり、

悪い材料も次から次に出てくるが、

下げの日数、

下げの値幅で測定して、

陰陽圏を探る。

 

いったん底入れして陽転すれば、

あとは押し目買い街道だ。

一割、二割は世の変動。三割以上は人の変動

一割、二割は世の変動

三割以上は人の変動

 

どのような相場でも、

一割、二割の高下は景気や需給によって動くが、

人気が大きく片寄ってしまうと三割、四割変動する。

 

江戸時代の米相場で、

「高下とも五分、一割の動きには従いて、三割超える高下向かえ」

と教えた。

 

三割以上の高下は多分に市場人気によるものであるという見地である。

上げは大場から、下げは小場から

上げは大場から、下げは小場から

 

大場というのはニューヨーク・ウオール街、

小場というのは香港市場というふうに見てもよい。

 

シカゴの市場と東京の市場、

あるいは大場とは原料市場であり、

小場は製品市場でもある。

 

相場が底入れして、センター市場が大出直りに入るのを、

ローカル市場があとを追って買われる。

 

しかし、

高値圏にあって天井打ちを早く相場に表示するのは小さな市場である。

 

戦艦のような大型艦が方向を転換するのは、

大きく回らなければならないが、

駆逐艦のような小型艦は、

すぐに回転できる。

 

 

 

当たり屋につけ

当たり屋につけ

 

当たり屋は、

相場がよく見えているから当たり屋である。

 

「当たり屋につくより、曲がり屋に向かえ」

という金言もあるが、

当たり屋に、

あまり提灯がつくと曲がりだすが、

当たっている人は、

よほど相場が上手いか、

独自の情報を持っているか、

運勢が非常に良いという理由があるはず。