スポンサーリンク

人生の処世術

動乱が大きい時は都会が安全であるが、

動乱が小規模の時は地方が安全である。

 

中国4千年、

動乱の中に生きた人によって実感として割り出した処方術です。

 

これを大地震などの災害復旧対策で見ても大都会ほど対策が早い。

 

兵乱では地方の情報は中心部に届きにくい。

 

対策も遅れる。

 

老人になったら大都市に住むべきであると言われる。

 

医療機関も、治安も、文化も、日常生活も、

大都市の中心に居をかまえたほうが、

山紫水明の田舎に住むよりは老人にとっては都会が良い。

 

相場界では、

海外の動乱、ストライキ、天変地異等の災害などの生産、流通にかかわる問題で、

ニュースに対する反応は情報の一方的な流れによって判断しにくいが、

自分なりの基礎になるでしょう。