スポンサーリンク

投げ終われば反騰する。踏み終われば反落する。

投げて、投げて、投げ終われば反騰する。

踏んで、踏んで、踏み終われば反落する。

 

相場とはいうものは、

そのような仕組みになっている。

 

「もう」は「まだ」なり。

「まだ」は「もう」なり。

 

誰もが買い玉を投げ終わると必ず底が入るし、

売っている人が踏み終わると必ず天井する。

 

相場の窮極の原理・原則です。

 

要するにそれは人気(人の心)という感情と、

懐の勘定(資金面)によるものだ。