スポンサーリンク

余り物に値なし

余り物に値なし

 

値段がいくら安いからといって余りもの、

供給過剰のものは、

買っても上には行かない。

 

いま付いている値段が相応かというと、

これもまた先に行くと、

まだ高すぎたということがよくある。

 

まさしく「値頃感無用」である。